Home 医療 • 医師と製薬会社の癒着|医療革新が進まない問題

医師と製薬会社の癒着|医療革新が進まない問題

医師と医薬品会社の、問題ですが、国内の製薬会社が医師に支払った講演料や原稿料を発表していますが、かなりの金額となっています。また、医師は個人が業界から受け取った金銭などがあるということが初めて明らかになっています。

実際に医療革新を深めるために、お金が動いている問題に対して皆さんはどう感じていますか。おかしいですよね。医師って結構な給料を頂いていると聞いたことがあります。それなのに、別にお金をもらうということはそのままにしていて良いのでしょうか。製薬会社もきちんと自信のある商品の場合には、お金などでというのはどうかと考えます。

最近では、何事もお金の問題になっていますが、実際には、薬の説明を聞くことは医師の仕事だと思いますし、病院全体で聞いて納得することが大事だし、製薬会社も説明するのは大事ですが、講演料などは必要ないし、自信を持って薬を提供して欲しいと感じます。

今の時代は、様々な問題がありますが、薬にも沢山の種類があり、私も慢性中耳炎で病院へ受診するのですが、抗生剤の種類も沢山あるようです。実際に、小さい頃から飲んで自分にあっていた抗生剤を医師に求めても、こっちの方が効果がありますと言われてしまうこともあります。

たぶんそれは、製薬会社などとの連携なのでしょうか。また、医師が違ったら抗生剤も違っているので、それぞれのプライドなのかと感じていたので、気にはしませんでしたが、カルテがあるので同じものを出して欲しいと感じていた中で製薬会社と医師の問題を目にしたのでひどいと感じます。

製薬会社は営業の為に病院へ足を運んでいる姿は目にしています。医師が診療を終わるまで待っていて、そこから診療が終わって話をしているようですが、実際に使って見ないと分かりませんよね。昔のものと比べると良い製品には間違いありませんが、使っていて、副作用という問題もあるので、その辺が難しくなると思います。

悪い習慣になっていると感じるのは私だけでしょうか。実際に、医師と製薬会社の資金のやり取りを調査することにより、税収が大幅に変わってくるとも言われています。なかったことにしないで、きちんと正しい不正は不正と調査するべきだと思います。

医師を信じて命を預けている患者にとって、お金で薬を処方するというのは、おかしいですよね。本当に許せない問題だと思います。

Author:troublesome