Home 人間関係 • どこまでがセクハラで、どこまでがセクハラではないのか!?

どこまでがセクハラで、どこまでがセクハラではないのか!?

セクハラって問題になっていますが、どこまでが良くて、どこからがセクハラになってしまうのでしょうか。たぶん、人間にもよってきますよね。今回はセクハラについて紹介するので参考にしてみてくださいね!

◆身体の距離が近い・交際の有無を聞くのはセクハラ

レベル1=不必要に身体の距離が近い場合。交際の有無を聞く事。結婚や出産について聞く事です。

レベル2=胸のサイズや身体的な特徴を聞く事。顔など身体的な特徴を批判する事。プライベートな予定を必要以上に聞く事。

レベル3=交際を迫ること。性的な部分に触れらり、触れようとする事。人前で身体特徴を貶しめる事。

となっています。でも女性にとってレベルの段かいは違ってきて、ここまでは大丈夫などという人もいますし、逆にダメという人もいます。

◆男性上司が部下の女性に抱く恋愛感情がセクハラになりやるい理由って?

・実際に、上司の恋愛感情のセクハラの問題は、部下は上司に逆らうことが出来ないということで、セクハラをしてしまうケースが多いと言われています。断ったり、避けたりすることで、首などと言われることもあり、女性は我慢しているのです。

今の時代はセクハラなどと騒ぎが多くなっていますが、実際に女性の方にも原因はあるのではないかと感じます。自分が気に入られたいと思って、足を出したり、胸のボタンを開けすぎたりすることにより、男性は大丈夫かもと思ってしまうこともあるのではないでしょうか。全くそんなことなく、セクハラを受ける人は可哀想と感じますが、自分が気に入られようとしている人は、ずるいと思います。

実際に、女性の武器を職場で見せつけることにより、男性は、コロッと騙されてしまうケースも多く、セクハラで訴えるなどと口にする女性も多いのですが、自分がしていることを棚に上げて訴えると逆に自分が悪くなることもあります。

男と女なので、男性が女性に興味を抱いたり、お互いに興味を持つ事は問題ないと思いますが、私の中では、お尻を触ったくらいでセクハラというのはどうかと思います。逆に今の、男性はセクハラにおびえて、女性との会話を避ける傾向にありますが、そんな中で職場が楽しいと感じるのでしょうか。実際に、線が必要になってくるとは思いますが、ある程度の冗談などは大丈夫だと感じます。

 

Author:troublesome